ネットワーク監視の仕事について調べてみませんか?

ネットワーク監視の仕事について調べてみませんか?

ネットワーク監視の仕事ってどんなもの?

ネットワーク監視の仕事はネットワークに異常が発生した場合に、マニュアルに従って正常な状態に戻す作業をする仕事です。技術的に難しいトラブルについては専門家に連絡することになりますが、どういった状況でどういったトラブルが発生したのかをきちんと説明できる専門スキルが必要になります。ネットワークについての知識を持っていなければ、状況判断できないことになりますし、専門家に説明するときにも相手を理論的に説得できるようなコミュニケーション能力が必要とされます。

スキルはどこで身に着ければいいの?

ネットワークは設定が重要で、どんな設定でどこのネットワークに接続されているのかを見極める知識が必要です。そのため未経験者でもOJTでノウハウを身に着けることが可能です。トラブル解析と解決方法自体がマニュアルに沿って手続きを進めることが基本になっていますので、柔軟性と自主性があればスキルを磨くことが可能です。資格を取得してから仕事をスタートしたい場合にはコンピュータ関連の専門学校でCCNAの資格を取得するのがおすすめです。シスコ社のネットワーク機器を扱うエンジニアの資格を認定する試験で、ネットワーク初心者の登竜門的な資格とされています。

仕事はどうやってみつければいいの?

ネットワーク監視の仕事は一般の求人雑誌や求人サイトでも見つけることが可能です。ネットワーク監視員として募集されていることが多く、未経験者も積極的に採用しています。運用監視、保守、設計構築とキャリアアップしていくことが可能です。24時間体制で監視をしていることが基本ですので、2交代や3交代制のシフト勤務に対応できる方が条件となります。企業によっては2カ月ほどの研修期間を設定していることもあります。ネットワークエンジニアとして採用された場合に、レベルが初心者ということでネットワーク監視、運用業務を担当する場合もあります。

ネットワーク監視は会社の情報セキュリティ上、必要不可欠なものであり、プロの業者と相談するといいでしょう。