現代社会になくてはならない存在!?LED照明の特徴を知ろう

現代社会になくてはならない存在!?LED照明の特徴を知ろう

LED照明の基礎知識を知っておこう

LEDとは、ライト・エミッション・ダイオードの略称です。日本では発光ダイオードという呼称のほうが通りが良いかも知れません。かつては照明に使うことなど考えられなかったのですが、青色ダイオードの発明により三原色が出揃ったことで事情は一変。白色表現が可能になり、照明としての可能性が見いだされることになった次第です。開発当初は照明としての用を為すほどの明るさを得られなかったものの、長年の研究開発によりその弱点も克服され、家庭や工場などで利用されるようになりました。まだまだ普及率は高いとは言えませんが、やがて蛍光灯や白熱電球などに取って代わることでしょう。

圧倒的な寿命の長さが最大の特徴です

LED照明一番の特徴を挙げるとするなら、寿命の長さに尽きるでしょう。メーカーや製品などによって多少上下しますが、その寿命は4万から6万時間。従来の白熱電球の数十倍、蛍光灯の5倍もの長寿命を誇ります。従来の照明は寿命がきたら白熱線が焼き切れるなどして真っ暗になってしまいますが、LED照明は徐々に暗くなっていくだけ。新品時から約七割程度の光量になってしまったら余裕を持って交換すればOKです。このような特徴から、従来の蛍光灯などをLED照明にすることで、メンテナンス頻度を従来よりずっと減らし、維持費を大きく減らすことが出来るんですよ。

スイッチを入れた瞬間明るくなります

LED照明の長寿命以外で特に顕著な特徴が応答性の良さです。要するにスイッチをオンにしたら一瞬で明るくなるのがLED照明の素晴らしい点。従来の照明における不満点だったタイムラグが一切ないんです。従来照明はオンオフのたびに30分ほど寿命が縮んでしまう性質がありましたが、LED照明にそのような欠点はありません。何度頻繁にオンオフを繰り返しても、寿命には何の影響もありません。たとえば家庭用の照明を全部LEDにすれば、明かりに関するストレスは完全に無くなったといっても過言ではないでしょう。もちろん産業用にも適しており、工場の照明に採用することで業務効率は間違いなく高まります。

ledパネルの長所は、故障しづらいことと寿命が極めて長いことの2点です。この長所を生かせる場所は多く、たとえば駅の構内やショッピングセンターなどで利用されています。